筏隊山神社は、正中2(1325)年に領主小野寺公が創建し、岩手県の仙人峠から御神像をうつしたものであろうと伝えられています。この社は、当時、交通(秀衡街道)の要所にあって、旅の安全とともに疫病退散の守護神でもありました。 江戸後期の国学者で旅行家でもあった菅江真澄が訪れた、文政8(1825)年頃には、「仙人権現」と呼ばれていました。

筏隊山神社のクチコミ

基本情報

住所 秋田県横手市山内筏字伯耆沢72

アプリで地図を開く

最寄駅 -
アクセス -
駐車場
営業時間
料金 -
電話番号 -
ホームページ -
スポット情報に誤りがある場合はこちらからご修正をお願い致します。

人気ワード