元和初年 (一六一五) 産土神として建立された。 延宝年間 (一六七二) 津軽四代藩主信政公が、 津軽三新田 (木造・金木・俵元) の開発にあたり、 新田開発五穀成就の御祈願として、 公費をもって、 造営し、 五穀の祖神、 稲荷宮と、 神明宮を勧請され、 御神体として、 藩祖為信公の秘蔵の兜の鍬形の御前立小鏡を納められた。 歴代の藩主も五穀成就を祈願され、 又地方の人々の崇敬も深かった。 その間、 三度の火災に類焼もしたが、 明治十二年 (一八七九) 工を起し、 十八年 (一八八五) 七年を費して、 正殿

三新田神社のクチコミ

基本情報

住所 青森県つがる市木造種取62

アプリで地図を開く

最寄駅 JR五能線木造駅
アクセス -
駐車場 -
営業時間 -
料金 -
電話番号 0173-42-1217
ホームページ http://www.city.tsugaru.aomori.jp/
スポット情報に誤りがある場合はこちらからご修正をお願い致します。

人気ワード