大正3(1914)年1月12日の桜島の大爆発は、黒神一帯を火山灰、軽石等で埋めつくしました。その際、原五社神社の鳥居は上部だけを残して埋まってしまいました。当時の村長は、この鳥居を大噴火の記念物として後世に残すことにし、掘り出すのを中止して保存することになりました。昭和33(1958)年に県の文化財(天然記念物)に指定されています。

黒神埋没鳥居のクチコミ

基本情報

住所 鹿児島県鹿児島市黒神町647

アプリで地図を開く

最寄駅 -
アクセス 桜島港より県道26経由、桜島口方面へタクシー30分、黒神中学校横
駐車場 -
営業時間 -
料金 -
電話番号 -
ホームページ http://www.kagoshima-yokanavi.jp/index.html
スポット情報に誤りがある場合はこちらからご修正をお願い致します。

人気ワード