Brarie magazine [ブラリーマガジン]

雨の日だから美しい、紫陽花(あじさい)に癒される鎌倉の宿

雨の日だから美しい、紫陽花(あじさい)に癒される鎌倉の宿

神奈川県南部、自然に囲まれた歴史ある古都、鎌倉。
東京からは電車で約1時間、石畳の美しい趣のある寺社や、砂浜に打ち寄せる穏やかな波、日常を忘れる魅力が溢れます。

通称「あじさい寺」と呼ばれる明月院など、鎌倉周辺では美しい紫陽花を見ることができます。
雨の紫陽花は特に風情を感じさせ、日本の梅雨を彩ります。

今回は鎌倉で紫陽花と癒しの時を満喫できる宿を紹介します。

鎌倉プリンスホテル

目の前には七里ケ浜が広がり、開放感とくつろぎの空間を堪能できます。

部屋からの夕日は絶景です。

個室もあるレストランでは、相模湾の海の幸を贅沢に使った料理を味わえます。
レストランからも鎌倉の海を一望できます。

鎌倉パークホテル

イタリアから輸入したインテリアが並ぶ、居心地の良さが魅力のホテルです。
和室・洋室双方を用意しており、全ての部屋から鎌倉の海を眺めることができます。

 エステでは、デトックス効果がある米糠酵素風呂を体験できます。

週末は雨の鎌倉へ紫陽花を見に出かけてみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Return Top