Brarie magazine [ブラリーマガジン]

日本の原風景に出会える!棚田の町、久米南町の魅力

日本の原風景に出会える!棚田の町、久米南町の魅力

岡山県の中央部に位置する山村「久米南町(くめなんちょう)」

日本の棚田百選に選ばれた「北庄(きたしょう)の棚田」、「上籾(かみもみ)の棚田を」はじめ、桜や蓮、ホタル、紅葉など日本古来の四季折々の美しい景観から、多くのアマチュアカメラマンが訪れるスポットとなっています。

今回はそんな久米南町の知られざる魅力を紹介します。

浄土宗の開祖「法然上人」生誕の地

久米南町は、浄土宗の宗祖、法然上人の生誕の地として知られています。
生家跡には建久4(1193)年に建てられた誕生寺があり、多くの参拝客が訪れます。

境内には、法然上人のお手植えと伝えられる樹齢850年の大いちょうが茂ります。

日本の棚田百選に選ばれる2つの棚田

久米南町の主な産業は、米作を中心とする農業で多くの田畑が広がっています。
北庄の棚田は、88ヘクタールと日本一の面積を誇り、谷、尾根筋に広がる棚田は壮観です。

上籾の棚田は、溜池が点在し、棚田と山々が調和する美しい風景を眺めることができます。

特に収穫期の9月には、黄金色に輝く稲穂が一面に広がる絶景を眺めることができます。
また、ぶどう・いちごも特産品として注目を浴びています。

多くの魅力が溢れる久米南町ですが、高齢化率は41.3%(岡山県発表 平成26年10月1日現在)と岡山県内でも最も高齢化が進んでおり、少子高齢化や耕作放棄地の増大など町としての地域活動の維持が懸念されています。

そんな背景から、現在久米南町では、新たな視点から久米南町の魅力を発見、産業振興・定住促進・子育て支援を目的とした「久米南町地域おこし協力隊」を募集しています。

詳しくはこちら
久米南町地域おこし協力隊

久米南町の魅力を再発見してみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Return Top