Brarie magazine [ブラリーマガジン]

この冬ブームの予感!新たなウィンタースポーツ「スノーカイト」!気になるゲレンデ・体験スクールは?(長野県・北海道)

この冬ブームの予感!新たなウィンタースポーツ「スノーカイト」!気になるゲレンデ・体験スクールは?(長野県・北海道)

雪原を疾走しながら宙を飛ぶ!この冬注目のウィンタースポーツ「スノーカイト」

今回はそんな「スノーカイト」の特徴と体験レッスンができるゲレンデを紹介します。

スノーカイトは、カイトボード(カイトサーフィン)と同じくカイト(凧)を操りながら風の力で走ります。
通常のスノーボードやスキーで楽しむことができ、ヨーロッパや北米を中心に人気が急上昇しています。

実際のライディングは映像からご覧下さい。

スノーカイトは、カイトの力で走ることができるため、斜面のない牧場や畑、氷結した湖の上等でも楽しむことができます。

スノーカイトに必要な道具は?

通常のスノーボードやスキーの装備の他に必要なのは、カイトとハーネス(腰に巻くフックの付いた装備)です。

ハーネスによって体全体がカイトに支えられるため、見た目ほどの筋力は必要なく、コントロールバーによるカイトの操作は、半日もあれば覚えることができます。

初心者でも安心!スノーカイトを楽しめる体験スクール

体験レッスンを実施しているスノーカイトスクールを紹介します。
※11月1日現在は受付期間外となります。

ホワイトアイル(北海道ニセコ)

羊蹄山の麓に広がるパウダースノーを滑走することができます。
詳細・予約

ホワイトアイル(北海道札幌)

札幌から約30分と交通アクセスの良い銭函でスノーカイトを楽しむことができます。
詳細・予約

MPGそらち(北海道富良野)

北海道を代表する観光地富良野の雪原を満喫することができます。
詳細・予約

X-FLY(長野県)

美ヶ原・霧ヶ峰・白馬など長野の山々の麓でスノーカイトを体験できます。
詳細・予約

今年の冬はスノーカイトに挑戦してみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Return Top