Brarie magazine [ブラリーマガジン]

注目のウィンターアクティビティ!初心者でも安心のアイスクライミング体験(長野県・岐阜県・栃木県)

注目のウィンターアクティビティ!初心者でも安心のアイスクライミング体験(長野県・岐阜県・栃木県)

近年冬のアクティビティとして注目を浴びるアイスクライミング。

アイスクライミングは、アイゼンと呼ばれるブーツに装着する金属の爪とアイスアックス(砕氷斧)と呼ばれる器具で氷壁を刺しながら登るクライミングスポーツで、ロッククライミングやボルダリングと同じく体力だけではなく、ロープの使い方や体重移動など頭と体をフルに使うスポーツです。

実際のアイスクライミングはこちらの映像からご覧下さい。

初心者は、人工氷壁で練習を積み重ねてから、自然の氷壁へ挑戦するのが一般的となっています。

国内では、長野県の八ヶ岳赤岳鉱泉に作られた氷壁、通称「アイスキャンディ」や凍りついた滝を登ることができる茨城県久慈郡にある日本山名瀑の一つ「袋田の滝」がアイスクライミングの人気スポットとなっています。

アイスクライミングに必要な道具

ウェア

スキー・スノーボードウェアや登山ウェアで大丈夫ですが、氷壁を登っている最中は強い風に吹かれるため、通常よりも防寒・防水に配慮した服装がベストです。

グローブ

ロープやアックスを握るため、防水機能があり指先に力を入れることのできるグローブが必要です。手のひらが滑り止めになっているとベストです。

ブーツ&アイゼン

フットウエアは冬山用のブーツで問題ありません。ブーツにアイゼンと呼ばれる金属製の爪がついた器具を装着、クランボンと呼ばれるつま先部分の2本の爪を氷の壁に刺して登ります。

アイスアックス

氷砕く小さな斧を両手に持って登ります。アイスアックスは持ち手部分はいくつかの種類があるため、握りやすいタイプを選びましょう。

ヘルメット
万が一の落下時の安全対策とアイスアックスを氷に刺したときい氷を避けるためヘルメットも必須アイテムです。目を守るサングラスやバイザーも装着します。

ハーネス

命綱となるロープと体をつなぐハーネスを腰に装着します。

初心者でも楽しめる!各地のアイスクライミング体験

今回はそんなアイスクライミングを体験できるレッスンスクールを紹介します。
いずれも装備一式のレンタルを行なっており、危険度の低い人口氷壁でのアイスクライミングを楽しむことができます。

保科クライミングスクール(長野県川上村)

長野県川上村にある岩根山荘の目の前に作られた8mほどの人工氷壁を登ることができます。
cv_button_0821

日光那須アウトドアサービス(栃木県日光市)

鬼怒川温泉の山奥の秘湯「八丁の湯」に作られた人工氷壁を登ることができます。体験後は八丁の湯のお湯で体を温め、雪見風呂を楽しめます。
cv_button_0821

OD-FARM荘川(岐阜県高山市)

岐阜県の荘川町でカヌーやキャンプ等四季に応じたアウトドアアクティビティを提供しているOD-FARM荘川の人工氷壁「ICE FACE」を登ることができます。
cv_button_0821

この冬はアイスクライミングに挑戦してみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Return Top