国道から少し入った、西小路公民館前の墓地の道路ぎわに沿ってあります。明暦3年(1657)潜伏キリシタンが発覚した大事件郡崩れに関係ある所です。 検挙された翌年の万治元年(1658)に、大村牢から200人の武士に厳しく警護されて、処刑のため131人が斬罪所に連れて行かれました。見送ってきた家族や親戚の人たちと、最後の別れを惜しみ、水盃を交わした所と伝えられる場所です。とめどなく流れる悲しみの涙で濡れた石として、またの名を「涙石」とも呼ばれ、今でも苔が生えないといわれています。戦前までは7個ありましたが

妻子別れの石のクチコミ

基本情報

住所 長崎県大村市杭出津3丁目

アプリで地図を開く

最寄駅 JR大村線諏訪駅 / JR大村線大村駅
アクセス JR大村駅から徒歩約15分
駐車場
営業時間
料金 -
電話番号 -
ホームページ -
スポット情報に誤りがある場合はこちらからご修正をお願い致します。

人気ワード