16世紀末の肥前地方での焼物界の様相は、唐津系陶器窯の一部ではそれまでの陶器に換わって磁器が焼かれるようになり、

その傾向は17世紀になるとますます助長されて、

量産化体制に備えての窯場の整備が行われるようになった。

これはヨーロッパ社会がこれまでの中国陶磁器に換わって、

日本にその代用を求めるようになったからである。

肥前地方の領主たちは利益を得るために積極的にその転換を図ったが、

当時はまだ日本人の生活では磁器の使用は一般的には浸透しておらず、

そのために肥前の窯場では藩の保護を受け

長与三彩のクチコミ

基本情報

住所 長崎県西彼杵郡長与町

アプリで地図を開く

最寄駅 JR長崎本線(鳥栖~長崎)長与駅 / JR長崎本線(鳥栖~長崎)高田駅
アクセス -
駐車場 -
営業時間 -
料金 -
電話番号 -
ホームページ http://webtown.nagayo.jp/machi_syokai/konnamachi/sansai/index.html
スポット情報に誤りがある場合はこちらからご修正をお願い致します。

人気ワード