椿泊町は昔、阿波水軍の将であった森氏の本拠地だった。戦国時代、森氏は初め鳴門の土佐泊を本拠地としていたが、二代目村春の時阿波藩主蜂須賀家政公からこの地を拝領して以来、明治に至るまで阿波の海上の備えとして睨みをきかせていた。 藩から三千石を給されていた森氏の屋敷であった松鶴城は、小大名並みの規模を持っていたといわれている。現在、松鶴城跡には椿泊小学校が建っており、正門横には松鶴城跡の石碑が残されている。 現在東西約2Kmに渡って車一台がやっと通行できる程の狭く曲がりくねった道路は、古の戦時の対策

椿泊のクチコミ

基本情報

住所 徳島県阿南市椿町

アプリで地図を開く

最寄駅 -
アクセス -
駐車場
営業時間
料金 -
電話番号 -
ホームページ -
スポット情報に誤りがある場合はこちらからご修正をお願い致します。

人気ワード